fc2ブログ
はなママの 「犬と暮らす ワンダフルライフ」
犬と暮らすことの楽しさを伝えたい。 犬を飼いたいと思っている人へ、犬の購入、獣医さんとの付き合い方、費用、しつけなどのアドバイスしていきます。

散歩中の吠えるダックスフンド

久々の更新です。 



はなママは幼稚園の卒園謝恩会の役員をしていて、とっても忙しい日々を過ごしていました~。 



更新が遅くなり、ごめんなさい。


 

卒園すると、子どもが家に居るんですよねぇ~、なかなか時間が作れない日々。

 

入学の準備もあるし。 

あ、お名前付けしなくちゃ~。

 

そうそう、うちの実家の父、12月に倒れ、リハビリ入院中ですが、このごろ一時自宅に外出できるほどになってきました。


 
皆様、ご心配をおかけしました。

 

徐々に言葉も戻ってきています。 

なにせ、高齢なもので、いろいろとあるのですが、普通の生活が出来る喜びを感じながら日々過ごせるように、サポートしていきたいと思います。 

人生っていろいろあるなぁ~。


ダックス

 



そう、そう、しつけの続きもあるのです。 

お散歩中の吠えでお悩みの方、お散歩中の吠えのしつけ、やってみてどうだったでしょう。 

セオリー通りうまくいった方、うまくいかない方、出てくると思います。 

ランダム強化法までがんばってみて。 

よくある疑問、質問を書きます。




 

ケース① 他のワンちゃんとすれ違う時に引っ張り吠える



おやつでこっちだよぉ~って来させようとしても、他のワンちゃんが来てしまうと興奮して引っ張り吠えるケースです。

以下のことを試しましょう。 




A)お散歩に持っていっているおやつをもっと魅力的なものにする! 



おやつが他のワンちゃんの魅力に負けています。

普段のおやつよりも、食いつきの良い、特別おいしいものにしましょう。 





B)普段から歩く速度を速める  



普段お散歩する速度を見直してください。
 
ワンちゃんのペースよりも少し早め、一生懸命飼い主さんの速度についていく感じで歩く習慣をつけましょう。
 


 ワンちゃんはいつもついていくことに一生懸命、飼い主さんの動きに注目する習慣がつきます。 





C)他のワンちゃんと遭遇したとき、自分のワンちゃんと他のワンちゃんとの間に飼い主さんが入るように心がける。



ワンちゃん同士の興奮や目線のかちあいを避けるため、人間が間に入り、その場をやり過ごしましょう





  飼い主さん同士のご挨拶はお忘れなくぅ~。 


 

にほんブログ村

 


   

[2013/04/15 07:04] | 犬のしつけ | トラックバック(0) | コメント(1)

散歩中吠えるダックスフンド

前回、散歩中吠えるダックスフンドのしつけ方をブログにしました。
ダックス

みなさま、どうでしたか?


一週間、歩くトレーニングをしてみて、疑問、質問ありましたら、コメントをお寄せ下さいね。


 

歩く練習が順調に出来ていたとして、


今回は続きの、第二弾です。


お散歩に出かける時、ダックスちゃんはおやつをもらえる楽しいお散歩、ルンルンになっています。 



拾い食いをしていた顔も、飼い主さんの方を注目するようになり、道に落ちているものをあまり探さなくなってきました。




 

そこで、前回に引き続き同じトレーニングです。 


変るのは、おやつのあげかたです。 


①引っ張りだしたら、チョンチョン「こっちへ行くよ」と反対方向へ歩きだし、ワン子がついてきたら、すかさず褒める+おやつを一個あげます。







②2回に1回はおやつをあげない回を作ります。 



このときも必ず、「いい子~」と褒めるは忘れずに。 



これは、ランダム強化法と言います。

 

ワンちゃんは「褒められる+おやつ」で満足を得ているのですが、



そのうち、「褒められるだけ満足を得るようになってきます。 



そうなるように、先ずは2回に1回から徐々におやつを減らしていきます。 





あれ? 褒められたけど、もらっていない気がする~。 


でも、うれしい。


あっ、今度はもらえた、うれしい。

 
褒められちゃった、うれしい。 


たのしい。
 





になるように、がんばりましょ。 



おやつを半分に減らして、引き続き歩く練習を1週間やってみます。

 

ワン子のしつけは「習慣付け」、「忍耐」、そして、「楽しく」ねっ。



ファイト!



 



テーマ:ダックスフント大好き♪ - ジャンル:ペット

[2013/03/25 10:22] | 犬のしつけ | トラックバック(0) | コメント(0)

散歩中吠えるダックスフンド

お散歩中に会うワン子に手当たり次第吠えるワン子って、よく見かけますよね

 
よくある飼い主さんのお悩みについて、今回はケーススタディーします。
ダックス



犬種:ダックスフント

性別:雌
年齢:1歳  室内飼い
元の性格:やや怖がり 



飼い主さんから見た問題行動:
①お散歩中の吠える
②お散歩中に飼い主さんを引っ張る 
③お友達のワンちゃんにふいに噛み付く
④散歩中の拾い食い


吠えについて: 
シッポをふりながら吠えるので、喜んでいるのかと相手のワンちゃんに近づくと、軽く攻撃してしまう。

飼い主さんの対応:
攻撃してしまった時はリードを引っ張り、呼び寄せ、叱る。 


ワン子を飼ったら、ワン友をつくって、楽しいお散歩をしたい!ですよねっ。


 
子犬のうちから、ワン子同士、遊んだりする環境があれば、ワン子もお互い警戒したりすることも少ないです。



しかし、ペットショップの個室で長く居た子や、飼い主さんの事情で外に出ない時期があった子はお散歩で警戒してしまう癖がついてしまってうまく遊ぶことが出来ません。



ワン子のもともとの性格も影響します。 


そういう場合は、背伸びせず、先ずは

お散歩で他のワンちゃんと問題無くすれ違うことを目標

にしてください。




今回は長くなりますので、段階を追って、ご説明しますね。 



<第一段階! >
先ず飼い主さん自身が、自分のワン子にとって魅力的であること。 

どうするか? 
というと、

それは、おいしいものです。





お散歩にちょっとおやつをもって行きましょう。 



お勧めは、ぽろぽろこぼれないもの、ワン子が一口でごっくん出来るもの、ごはんであげているドッグフードとは違うお散歩だけの特別なものを用意してください。

 

そして、ワン子が引っ張る方向に飼い主がついていくのではなく、
飼い主が引っ張ってワン子をついてこさせるように歩きます。 



基本

①ワン子が少しでも引っ張って歩き出したら、飼い主は反対方向にリードでチョンチョン「こっちへ行くよ」と合図を出し、ついてこさせます。

 

②ついてきたら、タイミングよく「いい子!!」と褒めてやり、おやつを一つあげます。



③また引っ張りだしたら、チョンチョン「こっちへ行くよ」と反対方向へ歩きだし、ワン子がついてきたら、すかさず褒める+おやつを一個あげます。 



この歩き方をしばらく続けると、目的地にいけなくなるのもしばしばですので、時間に余裕のあるお散歩にするのがお勧め 


この歩き方をお散歩の時に根気よくやってみます。 

これで、第一段階をクリア。

ワン子は合図でついていくと、おいしいものがもらえると覚えていきます

 

お散歩中、魅力的な飼い主さんの出来上がりです!

先ずはこの歩き方を1週間ほどやってみてください。

次回、第二段階に進みますね。



にほんブログ村







[2013/02/27 10:13] | 犬のしつけ | トラックバック(0) | コメント(2)

犬の吠え~掃除機をかけると吠えまくるジャックラッセルテリア~

お待たせしました。 
では、実際に吠えてお困りの飼い主さんから依頼のあったケースをご紹介します。 
ジャックラッセル

犬種:ジャックラッセルテリア (スムース)

性別:
年齢:8ヶ月  室内飼い
元の性格:とにかく活発、凶暴なほどの攻撃は無い。 



飼い主さんから見た問題行動:
①トイレ問題。食糞(自分のウンチを食べちゃう)、外でおしっこ、ウンチをしない。
②テーブルの上にジャンプしてのぼり、人間の食べ物を食べる。 
③毎回、掃除機に挑みかかり、吠えまくる。




吠えについて: 
掃除機を出すところから吠えが始まり、掃除機を切るまで挑み吠える。 
飼い主さんの対応: 
室内にリードをつけ、つなぎ、「やめなさい!!」と叱る。 
掃除機をかける回数を減らす。




このジャックラッセルテリアの飼い主さんはご年配の方で、先代のワン子が亡くなり寂しくなったところ、ジャックラッセルテリアのかわいらしさに飼う事を決めたそうです。 




ご依頼を受けた電話で、泣きながら、「とにかくひどいんです」と訴えられてきました。 

大人が泣くくらいなので、どんなひどい状況かな? と思い見に行ったところ。
結構やさしいジャックラッセルテリアでした。 




余談ですが、、
ジャックラッセルテリアという犬種はイギリスでは猟犬として活躍していた犬で、しとめるという仕事もしていました。 もともとのイギリスのジャックラッセルテリアは非常に荒い性格を持っている子が多く、家庭犬としてしつける場合、手をやく犬種、そして、訓練するプロ達も一瞬顔をしかめてしまう犬種でもあります。 

ただ、日本で繁殖されているジャックラッセルテリアはどういうわけか、優しい子が本当に多く、元の性格は引き継いでいません。 
ご依頼のあったジャックラッセルも優しいタイプの子でした。(ホー)

でも、飼い主さんにとっては、先代のワン子がおとなしく、老犬でよく息も合っていた為、次のジャックラッセルがとんでもなく感じたのでしょう。 

未だ、8ヶ月だもの、これからです。
掃除機に対する執着は本能を刺激されているものでした。 

クレートで寝起きし、クレートの中で落ち着いていられるということでしたので。

やり方は、続きを読むから入ってください。




にほんブログ村
 

続きを読む

テーマ:ジャックラッセルテリア - ジャンル:ペット

[2013/02/06 10:51] | 犬のしつけ | トラックバック(0) | コメント(1)

吠えるワンコのしつけ方 ~基本編~

吠えるワンコのしつけ方ですが、はなママの場合、最低限は質問したいのが以下です。
CA3F005800010001.jpg

<質問>
吠えるワン子が、何に、どうして、どのくらい、吠えているのか。
ワン子の種類や性別、もともとの性格、外飼いか室内犬か。  
そのときの飼い主(家族も含め)さんの対応をどうしているのか。 

この組み合わせによって、トレーニングや対応を変えています。

やり方は大きく分けて三つあります

<やり方>
①吠える対象に少しづつ慣れさせる
②吠える行為を積極的に働きかけて、やめさせる 
③吠える対象より他のことに気をそらす

時には①~③を組み合わせて取り組んだりもします。

根気強くやってみて、2週間、犬に変化が無い場合はその方法は犬に伝わっていないと判断してもらっています。 
吠えはもともと持っている習性なので、トレーニングをして、すぐに変化がある場合と、根気の必要な場合があります。 



経験豊かで、飼い主さんと方針の合うトレーナーさんにつくのが一番だと思いますが、近くにそういうトレーナーさんが居ない場合もあります。 

ブログの中でこれまで、吠えの改善をケーススタディーしていこうと思いますので、参考にしてください。 

また、同じようなケースでも、犬の反応が違う場合もあります。 

焦らず、わがワンを理解しながら、根気強く、そして、楽しく取り組んでもらえればいいかな~と思っています。 

次回、掃除機をかけると吠え続けるワン子をブログにしようと思いますが、やってほしいものがあれば、リクエストお待ちしています。 









 

 







 

[2013/01/31 00:00] | 犬のしつけ | トラックバック(0) | コメント(0)
前のページ 次のページ

プロフィール

hanahmama

Author:hanahmama
只今子育て中のため、休業中ですが、しつけトレーナー経験者です。

みなさんのお悩みに少しでもお役に立てればと思います。

愛玩動物飼養管理士一級、

ハナはカリフォルニアから引っ越してきたワンコです。
よろしくお願いします。

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

スポンサーサイト

夏休みの予定はお早めに

★ペットと泊まれる ホテル、ペンション 予約はお早めに~ 宿・ホテル予約ならじゃらんnet

リンク

はなママお勧めドッグフード

最新記事